海外環境・CSR通信

ドイツ 京都議定書の目標達成が確実に、温室効果ガスの排出量 1990年比で21.3%減少 RSS

2009年01月20日

ecool-090120-07.JPGドイツ連邦環境庁は、2007年の温室効果ガスの排出量が1990年比で21.3%減少したと発表した。これによりドイツは、2012年までに平均21%削減するという京都議定書の目標達成が確実な見通しだ。減少の主な要因は、自動車、暖房、建物断熱の効率化向上、再生可能エネルギーの普及拡大、バイオガソリンの使用によるもの。
また、ガブリエル環境大臣は、「京都はほんの小さな一歩にすぎない。気候変動に効果的に対処するには、大きな歩みでさらに進んでいかなければならない」と述べ、今後の課題を指摘した。


PR情報

Google Scholar
ドイツ 京都議定書の目標達成が確実に、温室効果ガスの排出量 1990年比で21.3%減少の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ