海外環境・CSR通信

ドイツ、エネルギー政策のロードマップを発表 = 2020年までに再生可能エネルギー使用率を30%に RSS

2009年02月22日

ecool-090222-05.jpgドイツ連邦環境省(BMU)は12日、2020年までのエネルギー政策について包括的なアプローチをまとめた「ロードマップ・エネルギー政策2020」を発表した。これは、現状を分析・提示した上で、今後の気候変動、エネルギー価格、エネルギー安全保障に関する取り組みを総合的にまとめたもの。

報告書では、2020年までに再生可能エネルギーの電力供給量に占める割合を30%以上とし、原子力発電を代替する。また、建築物の改修、再生可能エネルギーの利用を促進し、化石燃料による熱消費量を2020年までに4分の1を削減する。運輸部門からの温暖化ガス排出量は、効率的な技術の導入、持続可能なバイオ燃料の使用、モーダルシフト(より環境に優しい交通手段を用いること)によって、少なくとも20%削減するとしている。


PR情報

Google Scholar
ドイツ、エネルギー政策のロードマップを発表 = 2020年までに再生可能エネルギー使用率を30%にの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ