海外環境・CSR通信

米国 燃料電池技術へ4190万ドルの支援を発表 RSS

2009年04月22日

米国エネルギー省は15日、クリーンで再生可能なエネルギーの利用拡大と国外石油への依存削減に向け、燃料電池技術に、2009年2月に成立した「米国復興再投資法」,総額7870億ドル(約78兆7000億円)による新補助金である4190万ドルを充てることを発表した。同省は、国内の燃料電池製造業の構築とグリーン・エネルギー経済としてのビジネス発展にも支援を行う。この取り組みで、燃料電池の商業化と導入の促進、各分野での雇用増加が期待されている。


今回の取り組みは、業界参加者からの資金調達を含め1億ドル以上の基金になり、民間企業も燃料電池技術の開発・展開に大きな役割を果たすことになる。この基金は、約1000件にのぼる燃料電池システムの導入支援に使用され、CO2排出削減や米国のクリーンエネルギー技術の発展に貢献することになる。



PR情報

Google Scholar
米国 燃料電池技術へ4190万ドルの支援を発表の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ