海外環境・CSR通信

英国、イースターチョコで環境配慮 RSS

2009年04月12日

ecool-090412-01.jpg.jpg12日はキリストの復活を祝う復活祭(イースター)。キリスト教社会は前後の数日間、クリスマスと並ぶ祝祭期間となる。英国のガーディアン紙によると、イースターに食べるウサギなどの形をしたチョコレートの包装紙が環境問題に当たるとして、「どのチョコレートの包装紙が良いか、悪いか」という写真の投稿を募っている。


各チョコレートメーカーは、包装紙について、今年度は是正をしていると語る。このうち、キャドバリー、マークス&スペンサーなどの小売業者は、「環境問題に配慮して、今年のイースター向け包装紙はスリム化した」と発表。巨大な透明な包装箱やリボン、アルミ箔を使用せず、再生可能なプラスチック、薄いフィルムなどでの包装に努めたほか、中身のウサギ型のチョコレート自体も以前よりスリムになっている。包装紙の良し悪しに関して投稿された写真は、近いうちにウェブサイト上とガーディアン紙上で掲載されるという。【河野 友見】



PR情報

Google Scholar
英国、イースターチョコで環境配慮の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ