海外環境・CSR通信

遺伝子組み換えトウモロコシの栽培禁止を決定 - ドイツ RSS

2009年04月24日

ドイツ農業省のアイグナー大臣は、米国モンサイト社の遺伝子組換トウモロコシ「MON810」を、今年から栽培を禁止とすることを決定した。「MON810」は、トウモロコシの害虫を近づけない効能を持つとされている。

同相は禁止措置が科学的根拠に基づくものと強調。害虫以外のテントウムシなど、他の生物を脅かしていると指摘した。また、花粉のでんぱ力が強く、遺伝子組み換えをしていないトウモロコシへの汚染が懸念されるともしている。これに対し、モンサイト社側は法的措置をとると、争う構えを示している。現在、EU6カ国(ドイツ、フランス、オーストリア、ハンガリー、ギリシャ、ルクセンブルク)が「MON810」の栽培禁止の措置をとっているが、日本では認可され、流通している。



PR情報

Google Scholar
遺伝子組み換えトウモロコシの栽培禁止を決定 - ドイツの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ