海外環境・CSR通信

GEエナジー、再生可能エネルギー資源として農業廃棄物の利用を拡大 RSS

2009年04月25日

ecool-090425-01[1].jpg世界各地で様々な再生可能エネルギーの開発が試みられているが、特に北米や欧州の多くの農家で、家畜排泄物を利用した電力の生産にGEのエコマジネーション(エネルギー効率に優れ、環境に配慮した製品)認定製品であるイエンバッハ・ガスエンジンが使用されている。イエンバッハ・ガスエンジンは、天然ガス、または埋立処分場ガス、さらにバイオガス、下水処理場ガス、工業廃棄ガスなどの代替燃料など、様々な燃料で運転することができるガスを燃料とした発電用エンジンである。


欧州連合(EU)では、農業による温室効果ガスの発生は全体の9%を占めると言われている。その中、イエンバッハ・ガスエンジンは、ヨーロッパで広く受け入れられているが、米国やカナダでも同種のシステム導入の増加が見られている。家畜排泄物からのバイオガスを、化石燃料の代わりに使用することで、温室効果ガスの発生を抑え、同時に、農家はこの技術により、高品質で、ほぼ無臭の肥料という副産物の恩恵を受けることができる。またこの肥料を利用することで、水源にも良い影響を与える。


2009年、フランス政府は農業起源の再生可能エネルギー開発・普及を推奨するために、『Objectif Terres 2020』と呼ばれる、農業生産性維持と自然資源・生物多様性の保全というプランを発表。EU最大の農業国であるフランスでは、3億トンの家畜排泄物を排出しており、これだけでも、同エンジンにより、年間3~4百万トンの石油と匹敵するエネルギーを生成することができる。これは、フランスの12万世帯の年間エネルギー消費量に相当する。【平 こずえ】



PR情報

Google Scholar
GEエナジー、再生可能エネルギー資源として農業廃棄物の利用を拡大の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ