海外環境・CSR通信

EU 大気汚染に関する報告書を公表 RSS

2009年04月01日

欧州環境庁は24日、欧州の大気質に関する2つの報告書を公表した。特に南欧・東欧では、大気汚染の原因となる粒子状物質(PM10)とオゾンの地上レベル濃度が人々の健康に深刻な影響を与えていることが分かった。


報告書によると、2005年は、欧州市民の4人に1人が、EU基準を超える高濃度の粒子状物質(PM10)に数日以上さらされたとしている。さらに、東欧の大部分、イタリア北部、バルカン諸国、ベルギー、ギリシャ、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル及びスペインの一部では、日常的に基準を超過していたとしており、オゾンの地上レベル濃度については、欧州市民の3分の1以上が、EUの目標値を超えた汚染にさらされていたとしている。これにより、2005年にEU全体で、粒子状物質が約3万7300人の早期死亡の原因になったと推測されている。


PR情報

Google Scholar
EU 大気汚染に関する報告書を公表の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ