海外環境・CSR通信

ヤンマー 慈善団体支援施設に熱電併給システムを設置 RSS

2009年04月08日

ecool-090408-11.jpgヤンマーは3月26日、同社の熱電併給(コジェネレーション)システムをイングランド北東部ニューカッスルに本拠を置くホームレス支援の慈善団体タインサイド・サイレニアンズ(Tyneside Cyrenians)の住居施設構内に設置した。熱電併給(コジェネレーション)システムとは、発電時に発生した排熱を利用して、冷暖房や給湯等の熱に利用するエネルギー供給システムのこと。同社のシステムは天然ガスを燃料に、CO2排出量が少ない低炭素エネルギーを供給している。同社のシステムが英国に導入されるのは今回が初めて。


ディビッド・ウォレン駐日英国大使が現地を訪れ、菅沼健一在エディンバラ日本国総領事のほか、One North East(北東イングランド経済開発公社)、NaREC(新・再生可能エネルギーセンター)などの代表が見守る中、記念式典で運転開始のスイッチを入れた。



PR情報

Google Scholar
ヤンマー 慈善団体支援施設に熱電併給システムを設置の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ