海外環境・CSR通信

米オバマ大統領、クリーンエネルギー経済に向け展望を表明 RSS

2009年04月27日

4月22日、地球環境について考えて行動する日「アースデイ」を記念し、オバマ大統領は、国外石油依存の削減、雇用の増加、クリーンエネルギー技術での優位等、包括的なエネルギー計画への確約を再度断言した。世界の石油備蓄の減少と高まる異常気候下において、クリーンで再生可能な資源は21世紀の成長産業であり、米国が世界経済の先導となる事を強調。


エネルギー政策は、クリーンエネルギー部門で雇用の活性化を図り、この部門の何百万件もの雇用機会を期待。同時に、海上での電力を生成する連邦管轄大陸棚の再生可能エネルギープロジェクト開発のプログラムも公開し、海洋の広大な環境保全型資源への進出が可能になるとした。


大統領は、包括法案の通過が必須であると述べ、国外への石油依存による深刻な経済戦略の危機と気候変動による不安定な影響から保護の必要性を発表した。一方で、国内での有益なクリーンエネルギーへの誘因を促している。エネルギーと気候の安全対策を促進するこの政策によって、経済回復の取り組みを促進し、雇用促進、各種のクリーンエネルギーを推進すべきであるとしている。【中村 真弓】



PR情報

Google Scholar
米オバマ大統領、クリーンエネルギー経済に向け展望を表明の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ