海外環境・CSR通信

英国、企業の半数以上が温暖化防止を考慮せず RSS

2009年05月07日

英国内の企業の半数以上は、未だ地球温暖化防止への貢献を考慮していないという、憂慮すべき新統計がメーデーの1日、世界最大級のCSR推進団体であるBITCより発表された。統計は、英国内の企業対象に行われ、3分の2の英国企業の上層部が、CO2排出に関して報告が義務付けされる、炭素削減コミットメント(CRC)という新法のことを知らなかったことを報告。


この統計から一つ分かったことは、多くの企業の上層部がCO2削減に対して商業的利益を見出せなかったとしており、そのうち17%が今日の経済状況において、CO2削減の必要性を軽んじていることを認めている、ということである。


BITC最高責任者スティーブン・ハワード氏は、「企業が気候変動の脅威に対して危機感を持つことが、未だかつて無く重要である。この最新の統計で、大多数の企業がこの切迫した課題を無視し続けていることが分かった。CO2排出要因の40%が事業活動によるものだと考えると、この種の惰性や自己満足を放置しておくわけに行かない。」と述べた。【平 こずえ】



PR情報

Google Scholar
英国、企業の半数以上が温暖化防止を考慮せずの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ