海外環境・CSR通信

ドイツ、再生エネルギー機関の最初の批准国に RSS

2009年06月21日

ecool-090621-15.jpgドイツ連邦環境省は12日、ドイツは国際再生可能エネルギー機関(IRENA)協定を批准する最初の国になると発表した。連邦議会など、批准に必要な法的手続を記録的な早さで終了させた。


ドイツ政府は、IRENAの本部をボンに招致することを目指しており、ガブリエル環境大臣は「ドイツ・ボンは国際再生可能エネルギー機関(IRENA)を招致する理想的な場所である」と、ボンにIRENA事務局を設置するメリットを強調。6月29日、30日の両日にエジプトで開かれる第2回準備会合で、IRENA本部の場所と初代事務局長が決定する。オーストリア(ウィーン)とアラブ首長国連邦(UAE:アブダビ)もまた、事務局の招致を申し入れている。


IRENAは再生可能エネルギーの問題に特化した最初の国際機関であり、再生可能エネルギーの利用を世界的に促進していくことを目指している。主な業務は、加盟国に対して適切な枠組、能力の構築、資金調達の増進、再生可能エネルギーの技術移転に関する助言などを行う。【小西 卓明】



PR情報

Google Scholar
ドイツ、再生エネルギー機関の最初の批准国にの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ