海外環境・CSR通信

ドイツ銀行、温室効果ガスのリアルタイム掲示板/MITと開発 RSS

2009年06月28日

ecool-090628-01[1].jpgドイツ銀行グループの資産運用部門であるドイチェ・アセット・マネジメントは18日、マサチューセッツ工科大(MIT)の協力を得て開発した、リアルタイム・カーボンカウンター(炭素ガス計測器)をニューヨーク・マンハッタン中心部のマディソンスクエアガーデン前に設置した。70フィート(21.34メートル)近い高さのデジタル掲示板で、地球の温室効果ガスの総量を表示する。


MITで大気科学の教授を務めるロナルド・プリン氏は次のように述べた。「カーボンカウンターは気候の科学を広く一般に伝達する新しい試みです。気候変動が世界中でニュースとして取り上げられる中、その変動に影響のある様々な温室効果ガスの傾向を統一した数値で表示し、その推定値を更新していくことは有益です。この数値は、温室効果ガスがいかに急速に増加しているかを示すだけでなく、増加率を抑制する施策の進展や無策についても伝える一助となります。カーボンカウンターの数値は、グローバルな測定値に基づいています。人間やその他の活動から引き起こされる長期的な傾向をより明らかに示すため、季節性やその他周期的変動要因を除去し、温室効果ガスのトン単位の推定値をCO2相当量で換算しています。」


現在、このカーボンカウンターが示す大気中の温室効果ガスの総量は3.64兆トンで、毎月、約20億トンずつ増加している。【小西 卓明】



PR情報

Google Scholar
ドイツ銀行、温室効果ガスのリアルタイム掲示板/MITと開発の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ