海外環境・CSR通信

英国、温暖化により6世帯に1つは浸水の恐れ RSS

2009年06月22日

ecool-090622-11.jpg英国政府は19日、英国国内で6世帯のうち1世帯の割合で、家屋が浸水にさらされる危険があると発表した。


温暖化の影響により、海面は上昇し、暴風雨の増加が懸念されている。今後25年間で、洪水や河川の氾濫を防止する対策のため、200億ポンド(約3兆1500億円)が投資される必要があると、政府機関は語る。


政府の発表によると、最大520万の世帯が既に洪水の危険にさらされているという。うち240万世帯は川や海の付近にあり、災害直撃の危険性が高く、残りの280万世帯は、洪水により氾濫した排水などによる水質汚染の被害に遭う危険性があると指摘した。


先日発表された英国における気候変動の最新分析によると、上昇している海面や急速に進む海岸浸食、頻繁に起こる暴風雨により、河川氾濫のリスクはますます増加する一方であるという。


英国環境庁は、洪水リスクがある領域に住む43万人以上が、政府が提供する無料の警告サービスに登録したという。サービスは、電話やメールなどで洪水警報、警戒メッセージなどの情報を配信し、登録している人が受け取れるというもの。現在登録をしていない市民にも、サービスを申し込むよう強く促している。【河野 友見】



PR情報

Google Scholar
英国、温暖化により6世帯に1つは浸水の恐れの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ