海外環境・CSR通信

EU、温室効果ガス排出量3年連続で減少、1990年比で4.3%と発表 RSS

2009年06月01日

欧州連合(EU)は5月29日、EUの温室効果ガス排出量が3年連続で減少したことを発表した。ヨーロッパの環境問題を管轄する、欧州環境機関が2007年の域内15カ国の二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量に関する排出実績をまとめたところ、前年比で2.7%の経済成長を続けているにもかかわらず、温室効果ガス排出量は1.6%減少していた。この減少により、EU15カ国の排出量は京都議定書の基準年の1990年比で4.3%下回ることになる。


欧州委員会のスタブロス・ディマス環境担当委員は「この数字は、2008年から2012年の間に基準年より平均で8%減少させるという、EU15カ国としての京都議定書の目標達成に向け順調な削減を進めていることを意味している。EU27カ国の排出量は同じ1年間で1.2%の減少となり、基準年からは12.5%減ったことになる。」と述べた。


EU15カ国:
英国、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、デンマーク、アイルランド、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、オーストリア、スウェーデン、フィンランド



PR情報

Google Scholar
EU、温室効果ガス排出量3年連続で減少、1990年比で4.3%と発表の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ