海外環境・CSR通信

海洋の酸性化の脅威をCOP15の議題へ/インターアカデミーパネル RSS

2009年06月05日

ecool-090605-14.jpg地球的な政策案件について科学的な助言や勧告を行うインターアカデミーパネル(InterAcademy Panel: IAP)は1日、世界の最も重要な気候変動問題の一つである海洋酸性化の問題が、今年12月にデンマークの首都、コペンハーゲンで開かれる第15回気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)から外されるかもしれないと警告する共同声明を発表した。


共同声明でIAPは、海洋の酸化は、サンゴ礁の大規模な死滅と生態系の構成の劇的な変化につながり、食糧生産や人々の生活に多大な影響を与えると警告。さらに、現在のCO2排出量予測に基づくと、2050年には世界中の全てのサンゴ礁、北極・南極の生態系が深刻な影響を受けると予測している。




PR情報

Google Scholar
海洋の酸性化の脅威をCOP15の議題へ/インターアカデミーパネルの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ