海外環境・CSR通信

米国、集光型太陽熱発電の開発に50億円投入 RSS

2009年07月16日

ecool-090716-03.jpg米エネルギー省(DOE)は15日、集光型太陽熱発電(CSP)の研究開発に5250万ドル(約50億円)を投入すると発表した。オバマ政権の公約である、太陽光発電を含めた再生可能エネルギーの利用促進と雇用機会の創出を強調する。


CSPは、太陽光を鏡で集め、オイルなどの熱媒体を通じて水を加熱し、その蒸気で発電する仕組みになる。このプロジェクトでは、一日平均18時間の電力供給が可能となる新技術の開発をねらう。【川崎 亘】



PR情報

Google Scholar
米国、集光型太陽熱発電の開発に50億円投入の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ