海外環境・CSR通信

EU、エーオンとスエズに独禁法で1450億円の制裁金 RSS

2009年07月11日

EU(欧州連合)の政策執行機関である欧州委員会は、カルテルおよび制限的な商取引慣行を禁止したEUの規則に反し市場分割を行ったとして、ドイツのエネルギー大手エーオン(E.ON AG)とその子会社エーオン・ルールガスおよびフランスのエネルギー大手GDFスエズに対し、計11億600万ユーロ(約1450億円)の課徴金を科した。課徴金の額は、エーオン/エーオン・ルールガスとGDFスエズがそれぞれ5億5300万ユーロとなる。


エーオン・ルールガスとGDFスエズは1975年、ロシア産天然ガスをドイツとフランスに運ぶパイプラインを共同建設した際に、同パイプライン経由で輸送されるガスを互いに相手の国内市場で販売しないとの取り決めを結んだ。両社は、こうした市場分割の取り決めをガス市場が自由化された後も維持し、それを2005年まで続けていたというもの。



PR情報

Google Scholar
EU、エーオンとスエズに独禁法で1450億円の制裁金の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ