海外環境・CSR通信

EU、2012年までに「たばこの煙ゼロ」/勧告案採択 RSS

2009年07月01日

欧州委員会は6月30日、すべての欧州連合(EU)加盟国に、たばこの煙による汚染の被害から市民を守るための国内法を、2012年までに提案するよう求めるEU首脳会議の勧告案を採択した。


たばこは、現在もEUで第1の死因であり疾病の原因となっている。控えめの見積もりでも、2002年にEU25カ国で、非喫煙者1万9000人を含む成人7万9000人が、自宅(7万2000人)または職場(7300人)で、たばこの煙にさらされたために死亡しているという。


今回採択された、「たばこの煙ゼロ」勧告案はEU加盟国に、「屋内の公共の場、職場、輸送機関で、たばこの煙にさらされることから保護する法律を、勧告の採択から3年以内の実施」、「子どもの保護、禁煙支援などの措置の導入」、「たばこ取り締まりのための国内拠点ネットワークの設置とEUレベルでの協力強化」の3つの側面での規制を求めている。



PR情報

Google Scholar
EU、2012年までに「たばこの煙ゼロ」/勧告案採択の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ