海外環境・CSR通信

米国、自然環境の再生で雇用を創出 RSS

2009年07月10日

ecool-090710-01.jpg米商務省は、2月に成立した米国復興再投資法に基づき、50件の「生息地修復プロジェクト」を実施する。同法に基づき、商務省傘下の海洋大気庁(NOAA)に、沿岸・海洋の生息地修復のため、1億6700万ドル(約160億円)が割り当てられる。


プロジェクトでは、沿岸地域や五大湖周辺において、湿原やサンゴ礁の修復・再生、魚の習性や生態を考慮し移動を助けるために設けられた水路(魚道)の構築などが実施される。特に、カリフォルニア州やオレゴン州、ミシガン州などの失業率が最も高い地域で実施される。


商務省のゲーリー・ロック長官は「これらの事業により、地域経済を再生し、気候変動対策を講じながらアメリカ人に雇用をもたらすことができるだろう」と述べた。



PR情報

Google Scholar
米国、自然環境の再生で雇用を創出の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ