海外環境・CSR通信

夏期蓄積の太陽熱、冬に利用する太陽熱発電所を建設  RSS

2009年07月11日

ecool-090711-02.jpgデンマーク政府は、夏期に蓄えた太陽熱を冬期に利用する、太陽熱発電所の建設に助成金を提供する。


デンマークのユトランド半島北部で世界最大級の太陽熱発電所の建設に取り組むPlanenergi社とDronninglund Varmevaerk社に対し、デンマーク政府は、1190万デンマーククローネ(約2億円)の助成金を提供する。発電所の完成予定は2010年。


発電所には、大規模な太陽電池が配置され、地下には熱を貯蔵する水タンク、その水を温める巨大な熱ポンプが設置される。太陽電池の列は、3万5000平方メートルにもおよび、水タンクの容量は6万立方メートル、熱ポンプは3メガワットの発電が可能となる。


この太陽熱発電所により、地域家庭、1500件分のエネルギーを供給することができるという。



PR情報

Google Scholar
夏期蓄積の太陽熱、冬に利用する太陽熱発電所を建設 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ