海外環境・CSR通信

オバマ政権、EVと次世代電池開発に24億ドル投資/日本に対抗 RSS

2009年08月06日

ecool-090806-07.jpg米政府は5日、電気自動車(EV)や次世代電池などの開発・製造に、総額24億ドル(約2300億円)を関連業界に助成すると発表した。


EVに搭載される次世代電池の開発などに取り組む企業の48事業に資金を提供する。米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)、フォード、クライスラーも助成対象となっている。


オバマ大統領は「我々は、先行している日本などのように、技術革新に投資をしてこなかった」と指摘。自動車関連の技術開発を政府が後押しすることで、世界市場での主導権確保を目指す。


PR情報

Google Scholar
オバマ政権、EVと次世代電池開発に24億ドル投資/日本に対抗の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ