海外環境・CSR通信

アラスカなど、3州のエネルギー計画に5100万ドル提供  RSS

2009年08月30日

米エネルギー省(DOE)は、オバマ政権の景気対策の一環として5100万ドル(約47億円)を超える資金を今年9月、アラスカ、グアム、ニュージャージーの各州における、エネルギーの効率化と再生可能エネルギーの開発計画の支援に充てると発表した。エネルギー効率化と再生可能エネルギーの利用促進のほか、雇用促進、CO2排出削減を目的としたプロジェクトの支援に使われる。


DOEのスティーブン・チュー長官は、この支援を「経済の安定化と雇用の回復、エネルギー分野での自立を図る重要な政策」と語る。 具体的には学校や商業用ビルの環境効率の改善や住宅用太陽光設備など再生可能エネルギーの利用促進に、アラスカに約1400万ドル、グアムに約700万ドル、ニュージャージーに約3000万ドルがそれぞれ支払われる。【西村 健佑】


PR情報

Google Scholar
アラスカなど、3州のエネルギー計画に5100万ドル提供 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ