海外環境・CSR通信

オバマ政権:再生可能エネルギーに300億ドルの債務保証を提案 RSS

2009年08月03日

米エネルギー省(DOE)のスティーブン・チュー長官は7月29日、再生可能エネルギープロジェクトに対して最大300億ドルの債務保証を行う提案書を発表した。さらに、7億5000万ドルを次世代送電網「スマートグリッド」技術と送電インフラに向けて拠出することを発表した。


一連の投資は雇用創出、クリーンエネルギー技術の開発、それを効率的に利用するための送電網の整備に向けて行われる。DOEは今後3年間で、再生可能エネルギーからの発電量を2倍にする計画を立てており、プロジェクトの開発を加速させるためにも資本の確保を保証する必要があり、さらに効率的に送電するための電力網の近代化が必要であるとしている。


これらの提案書は、クリーンエネルギーの発展と技術の商業利用を進めるDOEの債務保証プログラムにて審議される予定で、政府は提案内容の成立の迅速化を目指している。【西村 健佑】


PR情報

Google Scholar
オバマ政権:再生可能エネルギーに300億ドルの債務保証を提案の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ