海外環境・CSR通信

米国:グリーン電力発電トップ20団体を発表 RSS

2009年08月06日

米国環境保護局(EPA)は7月27日、所有施設でグリーン電力を発電している企業・団体のトップ20を公表した。トップ5団体は、キンバリークラーク社(バイオマス)、ロサンジェルス郡衛生局(バイオガス)、サンディエゴ市(バイオマス、水力発電、太陽光発電)、サンノゼ/サンタクララ水質汚濁管理施設(バイオガス)、カルポルトランド社(風力発電)となった。


同ランキングは太陽光、風力、バイオマスなど再生可能エネルギーについて電力会社との供給契約量をもとに四半期ごとに発表しているもので、トップ20団体で年間7億3600万キロワットを発電しており、これは約6万1000世帯分の年間消費電力に相当するという。



PR情報

Google Scholar
米国:グリーン電力発電トップ20団体を発表の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ