海外環境・CSR通信

エーオンとスエズ、1700MWの発電容量の交換で合意  RSS

2009年08月10日

ecool-090810-03.JPG仏エネルギー大手GDFスエズと独エネルギー大手エーオンは7月31日、1700メガワットの発電容量を交換する協定(スワップ協定)に合意した。


GDFスエズグループのベルギー電力大手エレクトラベル(Electrabel)は、エーオンから860メガワットの石炭火力発電所と132メガワットの水力発電容量を取得する。さらに、ドイツの原子力発電所からの権利を引き出すという形式で700メガワットの容量から生み出される電力を取得する。


代わりにエーオンは、エレクトラベルから556メガワットのバイオマス石炭混焼発電所と385メガワットのガス火力発電所、ベルギーとオランダの原子力発電所の権利を引き出すという形式で770メガワットの容量から生み出される電力を取得する。【小西 卓明】


PR情報

Google Scholar
エーオンとスエズ、1700MWの発電容量の交換で合意 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ