海外環境・CSR通信

米エネ大手、1万台超の保有車両をハイブリッド車・電気自動車に移行 RSS

2009年09月28日

米エネルギー大手デュークエナジーと米電力会社FPLグループは24日、ニューヨークで開催されたクリントン元米大統領が主催する年次会議、クリントン・グローバル・イニシアチブ(Clinton Global Initiative)第5回会議において、両社が保有する車両約1万台すべてを、プラグインハイブリッド車(PHV)または電気自動車(EV)に移行する取り組みを表明した。投資総額は6億ドル(約540億円)。


2010年1月1日からこの取り組みに着手し、 2020年12月31日までに全保有車両をプラグインハイブリッド車または電気自動車に移行する考え。FPLグループの会長兼CEOのLewis Hay氏は「我々のこの取り組みに多くの企業・団体が参加すれば、持続可能な未来の実現可能性がますます高められる」と述べ、企業・政府・大学など他の団体に対して、本取り組みに参加するよう訴えている。






PR情報

Google Scholar
米エネ大手、1万台超の保有車両をハイブリッド車・電気自動車に移行の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ