海外環境・CSR通信

EU15カ国:2008年の温室効果ガス排出、前年比マイナス1.3% RSS

2009年09月01日

ecool-090901-0072.jpg欧州環境庁(EEA)は8月31日、EU加盟国が2008年に排出した温室効果ガスの総排出量が前年と比較して減少していると発表した。


EU加盟15カ国では前年比マイナス1.3%で、4年連続の減少になる。先進国に初めて温室効果ガスの排出目標を義務づけた、京都議定書の基準年(1990年)と比較するとマイナス6.2%になる。


世界的な経済危機を反映し、削減の多くは産業界での生産縮小に伴ったものと見られる。特に、エネルギー、産業、運輸セクターでの排出削減が目立つ。


さらに、2004年以降に新規加盟した中・東欧など12カ国を含むEU加盟27カ国では、2008年の排出量は前年比マイナス1.5%、基準燃比ではマイナス10.7%だった。【川崎 亘】




PR情報

Google Scholar
 EU15カ国:2008年の温室効果ガス排出、前年比マイナス1.3%の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ