海外環境・CSR通信

エーオン、米国で巨大風力発電所を完成  RSS

2009年09月07日

ecool-090907-003.jpgドイツのエネルギー最大手エーオンは2日、米国テキサス州ビッグ・スプリングにあるパンサークリーク風力発電所(Panther Creek wind farm)を完成させたと発表した。


305基のタービンを擁し、458メガワットの発電容量を持つパンサークリーク発電所は三段階プロジェクトとなっており、第一、第二段階は2009年で操業している。最終第三段階の完成により、テキサス州の13万5000世帯へ供給する電力を生産する。


エーオンは北米で総計1.4ギガワットの発電容量の風力発電所を持ち、テキサス州ロスコーの世界最大の風力発電所(780メガワット)、ペンシルベニア州のストニークリーク風力発電所 (53メガワット) の建設を含む米国全域で再生可能エネルギーの存在を拡大し続けている。【小西 卓明】




PR情報

Google Scholar
エーオン、米国で巨大風力発電所を完成 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ