海外環境・CSR通信

エーオンとシーメンス、CO2回収の実験プラントを稼働 RSS

2009年09月23日

ecool-090922-005.jpgドイツのエネルギー最大手エーオンと総合電気大手シーメンスは18日、ドイツ、ハーナウ近郊のシュタウディンガー発電所で二酸化炭素(CO2)回収の実験プラントを稼働していることを明らかにした。より気候に優しい石炭発電を目指すこの実験プロジェクトは2010年末まで続けられ、2015年をめどに大規模プラントへの導入を目指す。


「将来、石炭や天然ガスなどの化石燃料を使用せずに、急速に成長している電力需要を満たすのは不可能だ。我々の課題は、化石燃料の燃焼に伴って排出されるCO2を大幅に減少させることであり、この点においてCO2回収・貯留(CCS)技術が重要となる。」とシーメンスエナジー、化石燃料発電部、最高経営責任者Michael Suess氏は話す。


このプロジェクトは、ドイツ連邦環境省のCO2低減に向けた技術開発構想「COORETECプロジェクト」の一貫。






PR情報

Google Scholar
エーオンとシーメンス、CO2回収の実験プラントを稼働の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ