海外環境・CSR通信

バイオ燃料開発は地球温暖化に影響=国連環境計画 RSS

2009年10月20日

ecool-091020-008.jpg国連環境計画(UNEP)は16日、バイオ燃料の開発に慎重さを求めた報告書を発表した。バイオ燃料の開発が社会、経済、環境全体に利益をもたらすためには、各国政府は、エネルギーの必要性、気候、土地利用、水利用、農業への影響を十分に配慮しなければならないという。


世界の輸送用バイオ燃料の生産は、2000年から2007年までに、170億リットルから520億リットルへと約3倍に増加。バイオディーゼル燃料は、10億リットルから110億リットルと11倍に増加しており、現在、バイオ燃料は、世界の輸送用燃料の1.8%を提供するに至っている。また、第一世代バイオ燃料作物といわれる、サトウキビ、トウモロコシ、ナタネ、大豆などの生産ための世界の土地利用は、2008年時点で約3600万ヘクタール、世界の作物用地の約2%となっているが、2030年までに世界の輸送用燃料需要の10%を第一世代バイオ燃料で満たすとすれば、1億1800万ヘクタールから5億800万ヘクタールが必要になるという。


これらバイオ燃料は、1億7000万トンから7億6000万トンの二酸化炭素(CO2)に代替することが可能になるとしながらも、関連する土地利用の変化により、7億5000万トンから18億3000万トンのCO2の追加排出につながるとしている。さらにエネルギー生産のためのバイオ燃料により、今後数十年の間、温室効果ガスの排出は、減るのではなく増加すると警鐘を鳴らしている。





PR情報

Google Scholar
バイオ燃料開発は地球温暖化に影響=国連環境計画の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ