海外環境・CSR通信

米国、再生可能エネルギー拡大へ投資プログラム創設 RSS

2009年10月10日

ecool-091010-005.jpg米エネルギー省(DOE)は7日、再生可能エネルギーに関する発電プロジェクトを推進するため、米国再生・再投資法(ARRA:米再生法)に基づき 7.5億ドル(約670億円)を投じると発表した。対象となるプロジェクトは、DOEが新たに創設した投資プログラム「Financial Institution Partnership Program(FIPP)」を通じ、資金を受けることが可能になる。


DOEのスティーブン・チュー長官は、この保証制度の意義について「再生可能エネルギーという新たなマーケットの創出は、雇用の創出や米国の活性化につながり、オバマ政権が掲げる再生可能エネルギー倍増計画の達成にも寄与するだろう」と述べている。


融資保証の対象となるのは、2011年9月30日までに開始される再生可能エネルギーに関するプロジェクト。風力、太陽光、バイオマス、地熱、水力発電などの再生可能エネルギーを用いた発電プロジェクトやこれに関する送電プロジェクトが対象になる。






PR情報

Google Scholar
米国、再生可能エネルギー拡大へ投資プログラム創設の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ