海外環境・CSR通信

米国、CO2回収技術の開発に5500万ドル投資 RSS

2009年10月17日

米エネルギー省(DOE)は14日、二酸化炭素(CO2)回収技術の開発に5500万ドルを投じると発表した。この資金は、温室効果ガス削減に取り組むオバマ政権の気候変動対策、CO2回収・貯留(CCS)関連技術の開発に直接投資される。投資の対象となるのは、膜分離、有機溶解、物理吸着、濃縮といったCO2回収技術の4分野における検証・実験プロジェクト。特に、石炭火力発電方式の微粉炭火力発電所に導入可能なCO2回収と浄化技術のさらなる開発が焦点となっている。





PR情報

Google Scholar
米国、CO2回収技術の開発に5500万ドル投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ