海外環境・CSR通信

英研究機関、CO2回収・貯留の検証プロジェクトを開始 RSS

2009年10月16日

英エネルギー技術研究所(ETI)は12日、英国洋上における二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)の貯蔵容量検証プロジェクトについて明らかにした。プロジェクト規模は350万ポンド(約5億2000万円)を上回る見込み。


このプロジェクトは、英国地質調査所やインペリアル・カレッジ・ロンドンなどの研究機関や大学も参加する。ETIの役員、David Clarke氏は、現時点での貯蔵容量予測にはぶれがあると指摘し、今回のプロジェクトを通じて、英国におけるCCSの貯蔵容量をより正確にしたい方針。「化石燃料は今後も重要なエネルギー資源であり続けるだろう。特に石炭は安価で比較的安全な燃料。CO2の回収・貯留ができる方法を探る必要がある」と述べている。


ETIは、エネルギー技術の研究開発の推進を目的に、英国ビジネス・企業・規制改革省(BERR)とBP、シェル、エーオンなど民間企業の共同出資によって2007年12月に設立された研究機関。





PR情報

Google Scholar
英研究機関、CO2回収・貯留の検証プロジェクトを開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ