海外環境・CSR通信

独エーオンと仏Bionersis、東南アジアのCDMで提携  RSS

2009年10月25日

ecool-091025-004.jpgドイツのエネルギー最大手、エーオン(E.ON)グループの再生可能エネルギー事業を担う、E.ON Climate & Renewables (EC&R社)とバイオガスの再生を専門にするフランスのBionersis社は21日、東南アジアにおけるクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトでの事業提携を発表した。Bionersisはメタンガス回収・燃焼システムを、EC&Rは火力発電の技術を提供する。総事業費は500万ユーロ。プロジェクトから発生する排出権(CER)は約200万トンになる。


「我々は世界レベルの排出権取引に関与している。今回の提携は目標へ向かって一段階踏み出すためのもの」とEC&RのHervé Touati氏はコメントした。[小西 卓明]





PR情報

Google Scholar
独エーオンと仏Bionersis、東南アジアのCDMで提携 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ