海外環境・CSR通信

GE、豪州で世界最大のCO2回収・貯留プロジェクトを受注 RSS

2009年10月30日

ecool-091030-001.jpg米コングロマリット、ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下のGE Oil & Gas社は22日、オーストラリア西オーストラリア州沖の北西大陸棚にあるゴルゴン(Gorgon)液化天然ガス(LNG)田における世界最大の二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)プロジェクトを4億ドルで受注したと発表した。ガス田の建設地の地下に40年間で約1億2000万トンのCO2を封じ込める計画で、オーストラリア政府も資金面などで支援する。


GE Oil & Gasは、ゴルゴンガス田の50%の権益を保有する米シェブロンに、LNG生産とCO2回収・貯留を行なうための設備を提供することになる。


GE Oil & Gasの最高経営責任者(CEO)のClaudi Santiago氏は、「私はGE Oil & Gasが前例のない規模でクリーンエネルギーを提供する、この技術的に複雑なプロジェクトを行なうためにシェブロンに選ばれたことを喜ばしく思っている。この契約は我々の世界的な液化天然ガス(LNG)技術のリーダーシップとなるポジションを固め、二酸化炭素の隔離技術で競争力を強めることになる」とコメントした。


CCS(carbon capture and storage)とは、CO2排出量抑制の解決策のひとつで、発電所や油田、ガス田などの大規模排出源から排出段階で他の気体とCO2を分離・回収し、深い地中や海中に隔離・貯留する技術。[小西 卓明 ]




PR情報

Google Scholar
GE、豪州で世界最大のCO2回収・貯留プロジェクトを受注の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ