海外環境・CSR通信

英国、52%が気候変動の影響を信じないと回答 RSS

2009年10月18日

ecool-091018-002.jpg英エネルギー・気候変動省(Department of Energy and Climate Change Secretary:DECC)は9日、英国人の半数を超える52%の人々は気候変動が生活や環境に影響を及ぼすとは考えておらず、わずかに18%が自分の子供の世代に影響が出てくるとした調査結果を発表した。


気候変動は次世代に影響を与えるという知識が対策に取り組む大きな動機となっており、74%の人は次世代への影響が確実になればライフスタイルを変えると回答。多くの人々が気候変動の原因と結果についての知識に乏しいことが明らかになった。


DECCのジョアン・ラドック国務大臣は「英国の温室効果ガス排出の40%以上が我々の選択の結果であり、排出削減の余地は残されている。地球温暖化につながるエネルギーの大量消費を抑制し、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)で優位に交渉を進めなければならない」と語った。[西村 健佑]






PR情報

Google Scholar
英国、52%が気候変動の影響を信じないと回答の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ