海外環境・CSR通信

英テスコ、50年までにCO2排出量ゼロに-ゼロ炭素ストアを宣言 RSS

2009年10月21日

ecool-091021-003.jpg英小売最大手テスコは16日、2050年までに自社の二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにすると宣言した。この実現のためには、供給メーカー・消費者の双方におけるCO2排出量の削減が不可欠とし、2020年までに自社のサプライチェーン全体におけるCO2排出量を30%削減することを目標に掲げるとともに、消費者向けには、新キャンペーン「Buy One Get One Free - Later(ひとつお買い上げになれば、2つ目は無料)」を開始。製品購入後必要なときに2つ目の同製品を消費者に無料で提供する制度で、廃棄物の削減にもつなげたいとしている。


また「Tesco Home Energy and Emissions Service」を設立。家庭におけるCO2排出量の削減や省エネ化・再生可能エネルギーの活用に関して、消費者にワンストップなソリューションを提供する方針だ。


テスコのCEO、テリー・レイヒー氏は、マンチェスター大学・サステナブル消費研究所の研究発表において、「政府が掲げる目標値と技術革新のみでは低炭素社会への転換は達成できない」と述べ、消費者がこの一翼を担うべきだと訴えている。テスコは今後も、低炭素社会の実現に向け、消費者に対する啓発活動を実施するとともに、環境に配慮した自社の事例を発展途上国にも広げたい考えだ。





PR情報

Google Scholar
英テスコ、50年までにCO2排出量ゼロに-ゼロ炭素ストアを宣言の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ