海外環境・CSR通信

米エネルギー省、スマートグリッド技術に6億ドルの資金提供 RSS

2009年11月30日

e_1130_002.jpg米エネルギー省(DOE)のスティーブン・チュー長官は24日、次世代電力網「スマートグリッド」技術の開発推進に6億2000万ドルを提供すると発表した。助成対象となったのは、電力貯蔵技術やスマートメーター、送配電システムのモニタリングデバイスなど32のプロジェクト。スマートグリッドの導入に関するプロジェクトに4億3500万ドルが提供され、スマートグリッドの信頼性と効率性向上のための電力貯蔵プロジェクトに1億8500万ドルが提供される。


DOEのスティーブン・チュー長官はスマートグリッドに対する投資の意義について「今回の資金提供により、省エネルギーの推進やエネルギー効率の向上、風力や太陽光発電など再生可能エネルギーの拡大にスマートグリッド技術がどのように活用できるかを実証することができるだろう」と述べている。米電力中央研究所(Electric Power Research Institute: EPRI)の試算によると、スマートグリッド技術の導入により2030年までに4%以上の電力消費量を削減でき、米国全体で200億ドル以上の光熱コストが削減できると見込まれている。


スマートグリッドは、オバマ政権の掲げる環境政策「グリーン・ニューディール」の柱ともいうべき次世代の技術構想。インターネットなど情報分野の最新技術を活用して電力需要と電力供給をリアルタイムに管理できる電力網のこと。




PR情報

Google Scholar
米エネルギー省、スマートグリッド技術に6億ドルの資金提供の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ