海外環境・CSR通信

オバマ政権、アラスカ州などでのエネルギー効率化に3800万ドル投資 RSS

2009年11月09日

米エネルギー省(DOE)は3日、アラスカなどの州におけるエネルギー効率化および資源保護に関する施策に対して、米国再生・再投資法(ARRA:米再生法)に基づき3800万ドルを投じると発表した。


この資金は、同省の助成プログラム「省エネルギー・資源保護に関する地区別対策事業」(Energy Efficiency and Conservation Block Grant・EECBG)を通じて実施されるもので、アラスカ州・カンザス州・ユタ州・ウエストヴァージニア州の4州における、エネルギー効率化の改善・評価、助成プログラムの導入、州関連施設への再生可能エネルギー技術の導入など、各州の施策の実施に充てられる。


スティーブン・チュー長官は「今回の資金提供により、各州は、州レベルでの経済発展、雇用創出につながるエネルギー施策を実施しやすくなるだろう。」と述べ、地域レベルでの戦略的投資を促すことで、エネルギー効率化や資源保護のためのエネルギー技術の開発・導入を推進したい考えだ。また、これにより、米国全体のクリーンエネルギーの普及や気候変動対策につながることも期待される。[松岡 由希子]




PR情報

Google Scholar
オバマ政権、アラスカ州などでのエネルギー効率化に3800万ドル投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ