海外環境・CSR通信

独エーオン、米ペンシルベニア州の風力発電所が完成 RSS

2009年11月28日

e_1128_001.jpg独エネルギー最大手エーオン(E.ON)は19日、米ペンシルベニア州ストニークリークで風力発電所(Stony Creek wind farm)を稼動させたと発表した。35基の米GE(ゼネラル・エレクトリック)製風力タービンで構成され、およそ53メガワットの設備容量を持ち、約1万6000世帯へ電力を供給する。


エーオンはわずか数週間前、エーオングループの再生可能エネルギー事業を担う、E.ON Climate & Renewables (EC&R社)がテキサス州ロスコーの世界最大の風力発電所(782メガワット)を完成させたばかり。ストニークリークは今年完成した5番目のプロジェクトで、エーオンの米国での風力発電の総設備容量はおよそ1700メガワット(1.7ギガワット)となり、米国での風力発電事業をさらに拡大しつつある。


エーオンは2007年から2011年の間に全世界で再生可能エネルギー、特に風力と太陽光発電プロジェクトへ約80億ユーロ(約1兆円)を投資しており、約15ギガワットにおよぶ開発中の風力発電プロジェクトを持ち、その約半分は米国となっている。





PR情報

Google Scholar
独エーオン、米ペンシルベニア州の風力発電所が完成の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ