海外環境・CSR通信

米GEと独エーオン、米国における風力タービンの運用・保守契約に調印 RSS

2009年11月19日

e_1119_0088.jpg米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)とドイツのエネルギー最大手エーオン(E.ON)グループの再生可能エネルギー事業を担う、E.ON Climate & Renewables (EC&R) は12日、EC&Rが米国に設置するGE製の風力タービン529基の運用・保守に関する7年間の契約に調印した。対象となるのは、テキサス州ロスコーとビッグスプリング、ニューヨーク州マンズビル、ペンシルベニア州ストーニー・クリークにある風力発電施設。


米国風力エネルギー協会(American Wind Energy Association、AWEA)の統計調査によると、2008年に米国で新たに導入された風力発電容量の43%がGE製の1.5MWタービンで6年連続でトップのシェアを握っている。[小西 卓明]




PR情報

Google Scholar
米GEと独エーオン、米国における風力タービンの運用・保守契約に調印の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ