海外環境・CSR通信

英研究機関、波力・潮力エネルギーの研究プロジェクトを開始 RSS

2009年11月05日

ecool-091105-002.jpg英エネルギー技術研究所(Energy Technologies Institute・ETI)は10月30日、波力・潮力エネルギーに関する産学協同プロジェクト「PerAWaT」について、詳細を発表した。投資額は800万ポンド。風力発電に関するコンサルティング会社、ガラードハッサン(Garrad Hassan & Partners Ltd)がプロジェクトリーダーとなり、EDFエナジー(EDF Energy)、エーオン(E.ON)、オックスフォード大学などが参加。波力・潮力のエネルギー性能に関する評価・予測モデルを開発する。


現時点では、波力・潮力エネルギー発電施設による年間発電量を予測するソフトウェアや有効な方法は確立されていない。ETI の役員・David Clarke博士は「英国にとって海洋エネルギーは可能性のあるエネルギー源だが、この分野の技術開発に関する投資対効果が不透明ということから、投資が遅れている。このプロジェクトにより、波力・潮力の予測精度を向上させ、今後、大規模な開発を行う際の投資リスク軽減に役立てたい」と述べた。




PR情報

Google Scholar
英研究機関、波力・潮力エネルギーの研究プロジェクトを開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ