海外環境・CSR通信

仏GDFスエズ、サウジで世界最大の発電・海水淡水化プロジェクト稼働  RSS

2009年11月01日

ecool-091101-001.jpg仏エネルギー大手GDFスエズは10月27日、サウジアラビアのMarafiq発電・海水淡水化プロジェクト(Independent Water&Power Producer:IWPP)の一部設備の稼動を開始したことを発表した。Marafiqプロジェクトの総事業費は34億ドル。2010年中の完全稼働を予定している。


IWPPは、発電に伴う排熱を利用して海水の淡水化を行うもので、Marafiqプロジェクトは、出力2750メガワットの発電設備と一日約80万トンの海水淡水化設備を持つ世界最大規模のプラントになる。これは現在のサウジアラビアの発電能力2万9000メガワットのおよそ10%になる。サウジアラビア政府は2020年までに発電能力を6万メガワットまで拡張する。




PR情報

Google Scholar
仏GDFスエズ、サウジで世界最大の発電・海水淡水化プロジェクト稼働 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ