海外環境・CSR通信

オバマ政権、クリーンエネルギー開発で国立研究所に1億ドル超を提供 RSS

2009年11月23日

e_1123_002.jpg米エネルギー省(DOE)のダニエル・ポネマン(Daniel Poneman)副長官は18日、サンディア国立研究所(Sandia National Laboratories、SNL)を訪問し、米国再生・再投資法(ARRA:米再生法)に基づき、同省の7ヶ所の国立研究所における8つの研究開発プロジェクトに対して、1億470万ドルを提供すると発表した。


これらのプロジェクトは、クリーンエネルギーやエネルギー効率化のための技術開発に関するもので、特に、鉄よりも軽くて強い先端素材である炭素繊維の生産コスト削減や電気自動車(EV)用電池の効率化や低コスト化、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにするゼロエミッション建設技術の開発といった分野に資金が提供される。


ポネマン副長官は今回の資金提供に関して、「国立研究所における研究成果は、エネルギー問題や気候変動など、今日、世界が直面している大きな課題の解決を促すとともに、米国の製造業の発展や雇用創出の推進、クリーンエネルギー経済の礎になるだろう」とコメントした。





PR情報

Google Scholar
オバマ政権、クリーンエネルギー開発で国立研究所に1億ドル超を提供の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ