海外環境・CSR通信

オバマ大統領、20年までに温室効果ガス17%削減表明へ RSS

2009年11月26日

米ホワイトハウスは25日、オバマ大統領が12月にデンマークの首都コペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約 第15回締約国会議(COP15)に出席し、温室効果ガスを2020年までに2005年比で17%削減する目標を提示することを明らかにした。米国としては初の数値目標で、2013年以降の温室効果ガス削減の枠組みづくりで積極的に関与していく姿勢を世界にアピールしたい考え。


オバマ大統領はCOP15の場では、温室効果ガスを2020年までに2005年比で17%削減する短期目標と、2025年までに30%、2030年までに42%と段階的に削減幅を拡大し、2050年までに83%削減する長期目標も表明するとみられる。




PR情報

Google Scholar
オバマ大統領、20年までに温室効果ガス17%削減表明への関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ