海外環境・CSR通信

独シーメンス、世界最大の洋上風力発電所へ送電網を供給 RSS

2009年12月18日

e_1227_001.jpgドイツの工業コングロマリット、シーメンス(本社:ミュンヘン)はこのほど、同社のエネルギー部門を担うシーメンス・エナジー(Simens Energy)が、ドンク・エナジー(DONG Energy)、エーオン(E.ON)およびマスダール(Masdar)の3社が所有するLondon Array洋上風力発電所(ウインドファーム)への送電ネットワーク(送電網)に関する受注を獲得したと発表した。受注額は1億2800万ユーロ(約168億円)。


London Array洋上風力発電所はテムズ川河口域に建設が進められており、2012年の完成を目指している。完成すれば、271基の風力タービンが稼動し、75万世帯に電力供給が可能となる総発電容量1000メガワットの発電所になる。




PR情報

Google Scholar
独シーメンス、世界最大の洋上風力発電所へ送電網を供給の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ