海外環境・CSR通信

ユネスコとGoogle、世界遺産を「ストリートビュー」で公開 RSS

2009年12月06日

e_1206_002.jpg国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)とインターネット検索最大手、米グーグル(Google)は3日、世界遺産をGoogleマップ上で提供している「ストリートビュー」機能で公開することで合意したと発表した。現在、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、チェコ、英国にある18カ所の世界遺産の閲覧が可能で、ユネスコは、890ある世界遺産すべての撮影を行うようGoogleに依頼している。


今回対象となった世界遺産は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)やフランス・パリのセーヌ河岸、チェコのプラハ歴史地区、英国のストーンヘンジ、エーヴベリーと関連の遺跡群など。




PR情報

Google Scholar
ユネスコとGoogle、世界遺産を「ストリートビュー」で公開の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ