海外環境・CSR通信

米内務省、火山観測設備に700万ドルを拠出 RSS

2009年12月14日

e_1214_011.jpg米内務省傘下の米地質調査所(USGS)は7日、米国再生・再投資法(ARRA:米再生法)による景気対策の一環として、15の大学と州政府機関に対して700万ドル規模の資金援助を実施すると発表した。資金は、これまでの火山の噴火データを分析し、被災の可能性がある地域を割り出す火山観測ネットワークの改良に充てられる。


USGS火山被害プログラムのコーディネーター、ジョン・アイケルバーガー氏は「活火山付近でも都市開発が進み、航空機の飛来も多くなるなど、噴火によるリスクは日増しに高まっている。設備の近代化により信頼できる情報提供が可能になることで、噴火時に生命を守り被害を最小限に抑えるのはもちろん、関連分野の雇用確保にもつながる」とコメントした。


米再生法は今年の初めに可決され、内務省に割り当てられた30億ドルの予算のうち1億4000万ドルがUSGSに分配されている。ケン・サラザール内務長官は「火山観測に関するこれらの投資は、次世代の科学者育成と雇用の創出にもつながるだろう。」と語った。[渡辺 亮子]




PR情報

Google Scholar
米内務省、火山観測設備に700万ドルを拠出の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ