海外環境・CSR通信

北米ホンダ、太陽光発電による水素ステーションの運用を開始 RSS

2010年01月28日

e_0128_002_s.jpg
米国ホンダは27日、ロサンゼルスにあるホンダR&Dアメリカ(HRA)の敷地内で太陽光発電(ソーラーパネル)を利用した水素の補給ステーションの運用を開始した。この水素ステーションに設置された太陽光パネルで発電し、水を電気分解して水素を取り出し、燃料電池車に補給することができる。


今回開発された水素ステーションは、燃料電池車の普及を視野に入れ、一般家庭のガレージにも収まるサイズに設計されている。8時間の充填で通常の通勤に十分な0.5キログラムの水素を作り出せるという。販売時期や価格などは明らかにしていない。




PR情報

Google Scholar
北米ホンダ、太陽光発電による水素ステーションの運用を開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ