海外環境・CSR通信

米ウォルマート、物流センターに5300枚の太陽光パネルを設置 RSS

2010年01月27日

Home_Office_sign_Bentonville_A_s.jpg
米小売り最大手ウォルマート・ストアーズは18日、米カリフォルニア州アップルバレーにある物流センターに同社最大の太陽光発電プロジェクトが完了したと発表した。


アップルバレー物流センターの太陽光発電プロジェクトは、敷地内に5300枚の太陽光パネルを設置。これにより、175世帯分の消費量にあたる1メガワットの電力を供給できるという。


同プロジェクトは、2007年5月にウォルマートが初めて発表した太陽光発電プロジェクトの一環で、カリフォルニア州およびハワイで最大22店舗のウォルマート、物流センターおよび傘下のサムズ・クラブの電力を太陽光システムで賄うというもの。


ウォルマートは自社店舗で使用するエネルギーを、100%再生可能エネルギーで賄う目標を掲げており、アップルバレー物流センターの太陽光発電プロジェクトの完了は、この目標の達成に向けた重要な一歩だと物流センターの責任者は語っている。[土井 淑子]




PR情報

Google Scholar
米ウォルマート、物流センターに5300枚の太陽光パネルを設置の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ